乾燥肌にお湯は大敵って知っていました?

元々ニキビができやすく混合肌だった私。

Tゾーンは油っぽく、頬の部分はやや乾燥気味?といった程度でした。

しかし、30代になってニキビが落ち着いてきたと思いきや、35歳を過ぎると今度は乾燥肌が気になるように…。

人間年をとると体内の水分量が減ってくるというのは知識として知っていましたし、子育て中で子供の歯だと比べて自分はカッサカサだなと思ってはいたのですが、35歳を境に洗顔後直ちに化粧水を塗らないと、肌がすぐにパキパキになっしまうようになりました。

このままだといけないと思い、乾燥肌のお手入れ方法を調べました。

そこで初めて、乾燥肌にお湯は大敵ということを知ったのです。

今まではクレンジングだけお風呂前に行い、洗顔はお風呂のシャワーでしていました。

もちろんお湯です。

確かに、乾燥肌が酷い時、なんとなくお湯が肌に触れると肌に痒みが出ていました。

なので、この日から洗顔は水で行うことを徹底し始めました。

真冬でも水です。

どうしても冷たくて我慢できない時は、水よりほんのすこしだけ温かいかなという程度のぬるま湯で洗顔します。

お風呂で洗髪する時は、シャワーのお湯が顔に当たらないように気を付けるようにもしました。

更に、基礎化粧品の中に美容クリームを追加しました。

長らく混合肌で、油分を含む美容クリームには抵抗があったのですが、年を重ねれば肌質も変わるもの。

愛用していた化粧水と同じブランドの美容クリームを使い始めました。

すると、乾燥肌は随分とマシになったのです。

プルプルお肌とは言いませんが、乾燥でピリピリすることはなくなりました。

乾燥肌にお湯は大敵!

洗顔は水をお勧めします。