乾燥肌には食べるコラーゲン!

乾燥肌に長年悩まされてきた私は、生活の様々なシーンで対策を取ってきました。

食べ物に関して気を付けているのは、コラーゲンを積極的に取り入れる、ということです。

女優さんやモデルさんのインタビューでも、コラーゲンを摂るようにしている、という記事をよく見かけます。

コラーゲンは美肌への近道なんだろうな、と思います。

食事で食べる機会が多いのは、鶏の皮や手羽元です。

鶏肉のもも肉やむね肉を調理する時に、皮を外してしまう場合は、皮だけ取っておきます。

軽く塩・胡椒をしてフライパンで焼くだけで、カリカリ食感のおつまみができます。

焼き鳥屋さんや居酒屋さんに行ったときにも、鶏の皮を焼いたものや揚げたものをよく注文します。

手羽元は、煮込み、ソテー、フライ、と幅広い調理法で使えるので、頻繁に取り入れています。

鶏肉の手羽元や皮を食べた翌朝は、肌のぷるんぷるんとした感じが、普段より増しているように思います。

間食でコラーゲン摂取のために食べているのは、マシュマロとグミキャンディです。

マシュマロにもグミキャンディにも、コラーゲンが豊富なゼラチンが使われていて、気軽に摂取できるところが気に入っています。

日々口にする食べ物を工夫するだけで、乾燥肌がだいぶ改善されてきました。

これからもコラーゲンたっぷりを心掛けて暮らしてゆきたいですね。

プレ化粧水の導入で乾燥肌が改善!

私はずっと乾燥肌に悩まされてきて、改善できると聞いた方法やアイテムを積極的に取り入れてきました。

そのなかでも、ここ数年続けていて、効果を実感できているのが、プレ化粧水の導入です。

プレ化粧水として使っているのは、スプレータイプの化粧水です。

初めて使ったスプレータイプのプレ化粧水は、evianウォーターでした。

飲用水でも有名な、ミネラルをたっぷり含むevian水を、効率よくスプレーで使えるものです。

友人から勧められてバラエティーショップで購入して使い始めました。

洗顔後、入浴後の肌に、すっと水分が浸透してゆくのを実感できました。

次に購入したスプレータイプのプレ化粧水は、温泉水を利用したものです。

温泉土産として友人からもらって、使ってみたら、evianウォーターと同様の爽やかな使い心地で気に入りました。

友人からもらったのは、三朝温泉の「三朝みすと」です。

調べてみたら、他の温泉でもスプレータイプのミストが販売されていると知り、インターネットで取り寄せたり、温泉に行った時に買って帰ったりするようになりました。

島根の「玉造キラキラミスト」や、大分の「由布院みすと」などをこれまでに使いました。

スプレータイプになっていると、手軽に使いやすくて、ズボラな私でも継続的にプレ化粧水を使うことができています。

使い心地の良さと、使い勝手の良さが魅力のスプレータイプのプレ化粧水をこれからも使い続けたいと思います。

乾燥肌改善には、やはり肌に適切に水分を与えることが必要なんだろうな、と感じています。

乾燥肌にお湯は大敵って知っていました?

元々ニキビができやすく混合肌だった私。

Tゾーンは油っぽく、頬の部分はやや乾燥気味?といった程度でした。

しかし、30代になってニキビが落ち着いてきたと思いきや、35歳を過ぎると今度は乾燥肌が気になるように…。

人間年をとると体内の水分量が減ってくるというのは知識として知っていましたし、子育て中で子供の歯だと比べて自分はカッサカサだなと思ってはいたのですが、35歳を境に洗顔後直ちに化粧水を塗らないと、肌がすぐにパキパキになっしまうようになりました。

このままだといけないと思い、乾燥肌のお手入れ方法を調べました。

そこで初めて、乾燥肌にお湯は大敵ということを知ったのです。

今まではクレンジングだけお風呂前に行い、洗顔はお風呂のシャワーでしていました。

もちろんお湯です。

確かに、乾燥肌が酷い時、なんとなくお湯が肌に触れると肌に痒みが出ていました。

なので、この日から洗顔は水で行うことを徹底し始めました。

真冬でも水です。

どうしても冷たくて我慢できない時は、水よりほんのすこしだけ温かいかなという程度のぬるま湯で洗顔します。

お風呂で洗髪する時は、シャワーのお湯が顔に当たらないように気を付けるようにもしました。

更に、基礎化粧品の中に美容クリームを追加しました。

長らく混合肌で、油分を含む美容クリームには抵抗があったのですが、年を重ねれば肌質も変わるもの。

愛用していた化粧水と同じブランドの美容クリームを使い始めました。

すると、乾燥肌は随分とマシになったのです。

プルプルお肌とは言いませんが、乾燥でピリピリすることはなくなりました。

乾燥肌にお湯は大敵!

洗顔は水をお勧めします。

自分にあったスキンケア用品を探すのが重要です

乾燥肌で悩んでいる私は化粧水などのスキンケアにはいつも注意をして使用しています。

これまでの私は、化粧水などを選ぶときにパッケージが可愛いとか雑誌やテレビで人気だからと言う理由で選んでいました。しかし、それは肌に合っていなかったようで逆に肌がつっぱったようになるなど余計に乾燥していた時期がありました。

その結果、化粧のりも悪くなったので、購入するときはなるべくテスターがあったり、実際にカウンターで試すことに。その中でも、さっぱり系の化粧水よりももっちりしたものの方が保湿力があり肌に潤いもでるようになりました。

また化粧水だけでなく、ファンデーションに関してもパウダータイプを使用していたのですが、乾燥がひどいときに余計に粉が吹いたような感じになってしまいそれに関しても悩みました。化粧水を買いに行ったときに、そこの美容部員の方にこの悩みを相談すると「リキッドファンデーションの方が潤いとカバー力があって乾燥肌の人にはおすすめですよ」とアドバイスをもらいリキッドファンデーションに変えてみました。

化粧水と乳液の効果もあってか、リキッドファンデーションはカバー力もあり、時間が経ってもパウダーの時より乾燥したり化粧崩れも少なかったので私には合っていました。

化粧水や乳液も色々な種類があり、値段もプチプチなものから有名ブランドのものまで様々で悩んでしまいますが、安いから肌に合わない高いから肌に合うというわけでもないと思います。その中でもいかに自分に合ったものを見つけることが大切だと改めて実感しました。

乾燥肌化粧水ランキング!失敗しない選び方を見て良い化粧水を参考にしてみると良いですよ。ランキング上位の化粧水は口コミもかなり良いのでおすすめです。

アラフォーの私はファンデーションが崩れるのに悩まされています

アラフォーの私。若いころはどちらかというとオイリー肌で、洗顔後そのままにしておくと顔の脂でベタついてしまったり、メイクをしても夕方には脂が浮いてきてファンデーションが崩れてしまったりしていました。

しかし最近では洗顔後はお肌のうるおいがなくなって突っ張るような感じがしてきます。長いことさっぱりタイプの化粧水を使っていたのですが、その化粧水をたっぷりつけても乾燥するような気がしてきて、最近しっとりタイプの化粧水に変えました。

私は特に口元や唇が乾燥しやすいのですが、口元がカサカサしていたり粉がふいたりしていると顔全体の印象が老けて見えるような気がして、とても気になっています。

なので、特に口元には化粧水をしっかりつけて保湿、唇にはヴァセリン(保湿ジェル)をしっかり塗るようにしています。口というのは常にしゃべったりすることで動いていますし、食事をすることで口元のメイクが落ちてしまったりと刺激を受けやすい部位のような気がするので、意外に保湿ケアがきちんとされていない人は多いのではないでしょうか。

私が最近考えているのは、マスクに保湿ケア成分が入っていたらいいなーということです(もしかしたらそういう商品がもうあるのかもしれませんが)。マスクをしながらしっかり保湿することができれば一石二鳥なのになと思います。

乾燥肌の間違ったケアについて

年齢を重ねるにしたがって乾燥肌になってきた私。乾燥がひどくなるとシワもできやすくなるので、そうならないよう乾燥肌にならないためのケアの情報は色々と集めるようにしています。

私が最近になって知った乾燥肌の間違ったケアは、ゴシゴシとこすらないということです。お肌をこすって刺激を与えてしまうことで、体の表面の皮脂や角質層にダメージを与えてしまい乾燥肌につながってしまうそうです。そんな私は若いころはかなり間違ったケアばかりしていた気がします。

特に鼻の毛穴のブツブツが気になっていたので毛穴パックを頻繁にしたり(毛穴パックはお肌にダメージを与え、毛穴をより広げてしまうのであまりやらないほうがいいそうです)、ゴシゴシとこするように洗顔をしたりしていました。

乾燥肌にならないための正しいケア方法を知ってからは、とにかくお肌をこすらない・刺激を与えないことに重点を置いてケアをしています。特に洗顔が大事だとおもうので、洗顔には時間をかけています。

時間をかけて少しづつ泡を立てることできめ細かいふんわりした泡ができるので、その泡でやさしく洗顔するようにしています。これからも気を付けてケアをしていき、少しでも乾燥肌が改善してくれたらいいなと期待しています。